●開催 2021年11月


秋田テレビの2021年度第7回放送番組審議会(江畠清彦会長)が11月24日開かれ、11月5日(金)放送の「彦摩呂の秋田ふるさと食堂 地元グルメの宝石箱や〜」について審議が行われた。

個性的な食リポでおなじみのグルメリポーター彦摩呂が、秋田県内各地で地元の皆さんに聞き取り調査をし、安い、美味い、盛りがスゴいなど、県内の地元愛されグルメ、食堂メニューを堪能。

秋田テレビの番組MC4人も地元で人気の食堂メニューを調査。モデルの佐藤侑美はカフェのおしゃれごはんを紹介。県内各地から、地元の方おすすめの一品が集まった。

委員からは、「彦摩呂さんの表情やコメントが本当においしそうでよかった。お店の人とのやり取りも好印象。」「挟み込まれた“おしゃれごはん”のコーナーがアクセントになっていた。」などの意見が出た。

一方で、「定食のほとんどが安くて量が多いという傾向にあり、年配者や女性にはどうだったか。」「タイトルの“宝石箱”というイメージは、ほとんどなかった。」といった意見も出た。

 

●開催 2021年10月


秋田テレビの2021年度第6回放送番組審議会(江畠清彦会長)が10月28日開かれ、9月25日(土)放送の“ふるさと秋田再発見シリーズ 秋田人物伝「石井露月」”について審議が行われた。

秋田市雄和女米木(めめき)出身の石井露月は、俳句の歴史に名を刻む存在であり、露月が俳句を学んだのは、明治の時代、俳句に革命を起こした正岡子規。

番組では、女米木地区に残る露月の足跡や、露月が子規の開いた句会に参加した東京・根岸の子規庵を訪ねるとともに、露月の詠んだ様々な俳句を味わった。

委員からは、「落ち着いた音楽、ナレーションがとてもよかった。」「俳句の世界という知らない世界を知ることができ、心に残った。」「冒頭に句集の創刊号の発見という新事実を持ってきているのに感心した。」などの意見が出た。

一方で、「もう少し俳句そのものの説明・解説があってもいい。」「現在秋田に俳句をやる人が多いと聞く。そういう人たちが今、石井露月の俳句をどう思うのか聞いてみてもよかった。」といった意見も出された。