5月25日(土)午後1時~放送 Vol.1『井口阿くり』

 

明治 3年   秋田市に生まれる

明治21年   東京高等師範学校女子部に無試験で入学

明治32年   文部大臣から「教育学(体育)研究のために、3年間の アメリカへ留学」を命じられ、スミス大学、ボストン体操師範学校に学ぶ

明治36年   帰国後、女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)の教授に就任

  1931年   逝去(享年60)

 

東京女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)の教授を務めた井口阿くり(1870-1931秋田市出身)は、

女性初の体育教員として、日本で最初にブルマーとセーラー服を導入した人物。

 

日本初の女性体育留学生としてアメリカへ留学した阿くりは、スウェーデン体操を中心に学んで帰国。

我が国における女子体育の普及に尽力する中で、洋服の体操服を導入した。

 

番組では、日本製鉄の進藤孝生会長へのインタビューを始め、

様々な角度から女子に対する体育教育の黎明期にそのパイオニアとして今日の礎を築いた井口阿くりの功績を追う。

 

ナレーション 加藤未来 秋田テレビ アナウンサー

jinbutsuden20190525-1

jinbutsuden20190525-4

jinbutsuden20190525-1

jinbutsuden20190525-2

jinbutsuden20190525-3

 

 

※放送日時・内容は変更・休止になる場合があります。