秋田テレビ新人アナウンサーの
高橋 智也です。
よろしくお願いします!

「ソルフェージュ」とは、音楽における基礎教育のことで、楽譜を見て、歌ったり、リズムをとったりしながら、あらゆる能力を養っていきます。
この新人アナウンサーブログでは、
アナウンサーとしての“基礎”を学びながら、日々成長していく姿をお見せしていきます。

☆高橋智也プロフィール

最近の記事一覧

「高橋智也のドレミファソルフェージュ」の最新記事

2021/01 22

週末の楽しみ方

高橋 智也

 

雪が想像以上に厄介だと感じる今日この頃。

道路が見えるほど路面の雪が融けたと思いきや、次の日には再び大雪に強風のダブルコンボです。

会社にブーツを忘れてしまったものの「今日は晴れていたし問題ないだろう」と思ったときに限って、膝まで埋もれるほどの雪が降るんですよね。

暑いのも苦手ですが、冬は冬でまた面倒だと気付きました。

 

 

ネガティブな話題になってしまいましたので、ここで明るい話題に変更です。

先週の土曜日、楽しみにしていたことが2つありました。

1つは「秋田市絆のコンサート」です。

tomoyablog20210122-1

 

こんなときだからこそ「音楽を通して家族や地域の絆に触れよう」と企画されたもので、動画投稿サイトYouTubeでオンライン配信されました。

山王中学校、城東中学校、桜中学校、明桜高校、そして私の母校である秋田南高校の市内5校の吹奏楽部が演奏しました。

今の時期は代替わりして間もないはずなのに、どの学校も素敵な音色を奏でていました。

 

私が現役部員だった6年前は、どんな練習をしたら全国大会に返り咲けるのか…

勉強は必要最低限にとどめて、常に「吹奏楽」のことだけを考えていたのをふと思い出しました。

 

吹奏楽は、去年1年間すべてのコンクールが中止になりました。

コンクールがあったから「全国大会出場」というステージに進めたわけで、そのチャンスすら奪われてしまった生徒たちは辛い1年だったはずです。

今年こそは、どうか無事にコンクールが開催されることを祈るばかりです。

 

 

そして、もう1つは若い世代で爆発的な人気を誇る「Among Us」というオンラインゲームです。

tomoyablog20210122-2

 

以前お話しした「人狼ゲーム」にアクション要素が加わったゲームです。

この日も大学時代の友達と5時間以上も楽しんでしまいました。

 

このゲームはある程度の人数が揃わないとどちらかが不利になってしまいます。

参加できないメンバーの穴を埋めるために、毎回のように新メンバーが入ってきます。

今回も、初めましての人が2人参加してくれました。

 

コロナ禍で思うように会って会話をすることはできなくなりましたが

こうやって次々に新しい友人ができるのは素敵なことだと思います。

週末にやったばかりですが、もうすでに遊びたい衝動に駆られています。

次回も楽しみです♪

 
2021/01 15

クールな安田さんについて

高橋 智也

 

この2週間、県内は記録的な大雪となりましたね。

私の家も停電の被害を受け、何枚も着込んでなんとか寒い夜をやり過ごしました。

車を運転するときも、何度ハンドルを取られそうになってヒヤリとしたことか…

日頃の備えが大切だということを身に沁みて感じました。

 

 

さて年明け間もなく、この方と食事をする機会がありました。

tomoyablog20210115-1

 

「JAみどりの広場」番組コメンテーターの安田淳一さんです。

収録で月1回お会いしていますが、職場以外でお会いしたのは実は初めてでした。

とにかく緊張してしまい、しばらくは仕事スイッチが入りっぱなしでした…。

 

しかし、こんな機会はめったにないと思い、仕事のことからプライベートのことまでたくさん相談しました。

思えば初めてお会いした日もそうでしたが、安田さんはどんなにくだらない話も親身になって聞いてくださったり笑ってくださったりします。

視聴者の皆さんからのお葉書にはよく「クールな安田さん」という言葉が並んでいますが、私はいまだに安田さんのクールな姿を見たことがありません(笑)

 

この日も、私が一方的に話してしまったなと反省しています。

一緒に過ごした時間の9割は私の話だったような…

今度は安田さんの話をたくさん聞きたいですし、安田さんのクールな姿を拝んでみたいです。

そして安田家に合宿に行く約束もしたので、いつかお邪魔したいと思います。

 

 

「JAみどりの広場」を担当するようになって、農業について学ぶ時間が増えました。

安田さんとお話しする中で、私たちが何の気なく手に取っている野菜や果物が

こんなにも手間と苦労をかけて育てられているんだ、こんなにもたくさんの愛情が注がれているんだということを知りました。

そんな秋田の農業の魅力を、1人でも多くの皆さんに伝えられたらいいなと思います。

tomoyablog20210115-2

 
2021/01 08

あけましておめでとうございます

高橋 智也

 

あけましておめでとうございます。

みなさん、年末年始はどのように過ごされましたか。

コロナ禍で帰省や外出を控えた方も多かったのではないでしょうか。

会いたい人に会える日を、1日でも早く迎えられるように祈るばかりです。

 

 

さて私の年末年始ですが、大みそかと元日はニュースを担当しました。

 

大みそかは、はじめに秋田市内のそば店を取材しました。

この日用意した持ち帰り用の年越しそばセットは、約600セットでした。

朝6時から準備を始めていたそうで、大みそかもバタバタと忙しそうでした。

 

続いて、JR秋田駅前で取材です。

tomoyablog20210108-1

 

午前10時頃の秋田駅前は、歩いている人を両手で数えられるほど閑散としていました。

年末といえど、やはり今年は静かな年越しを迎えたようです。

 

そして元日は、大平山三吉神社に行きました。

例年三が日には約10万人の参拝客が訪れますが、今年はかなり少ないように感じました。

また、インタビューをした女の子は「新型コロナウイルスの影響により外で遊べなかったから、今年はいろんな場所に遊びに行きたい」と話していました。

どこに行っても寂しさが漂っていた年明けでしたが、また賑やかな日常が戻るまで頑張りましょう!

 

ちなみに、私の2021年の目標は「前のめりに」です。

去年はとにかく引っ込み思案がさく裂してしまい、「教えてもらいたいけど忙しそうだな」「ここで話に入ったら流れが止まってしまうかもしれない」などと遠慮してしまう場面がたくさんありました。

そこで2021年は、どんなことも「前のめりに」挑戦してみたいと思います。

それも「とりあえずやってみる」ではなく「きちんと準備して」です。

もしかしたら失敗することや怒られることも増えるかもしれませんが、去年のような“やらない後悔”をしないために「前のめりに」という目標を立てました。

2021年は飛躍の年にできるよう頑張りますので、今年もよろしくお願いします。

 
2020/12 25

感謝の年

高橋 智也

 

ジングルべ~ル、ジングルべ~ル♪

みなさん、クリスマスはどのように過ごしているでしょうか。

先々週のJAみどりの広場で「ホールケーキを買った」と話しましたよね。

1人家で食べるのも寂しいなと思い、仕事終わりに先輩方と分け合いました。

tomoyablog20201225-1

 

ペーパータオルの上に置かれていて写真映えもしないのですが、みんなで食べるとよりおいしく感じました。

 

さて年内最後のブログでは、ほんの少し2020年を振り返ってみます。

秋田テレビ入社と同時に、「JAみどりの広場」MCを担当することが決まりました。

tomoyablog20201225-2

 

初回放送を見返してみると、何をするにもおぼつかず不安感しか与えていません。

上手にできない自分に憤りを感じたり、失敗を重ねて自信を無くしたりばかりでした。

 

そんなときに背中を押してくれたのが、視聴者のみなさんからの励ましや応援メッセージでした。

「見ていて笑顔になれる」「土曜日のこの時間を楽しみにしている」

落ち込んでいても悩んでいても、メッセージを読む度に頑張ろうと思えました。

 

「秋田にはこんなに頑張っている生産者がいることを初めて知った」

「コロナ禍で自由に外出することができないが、番組を見て実際に訪れた気分になって楽しかった」

「番組を見て、新型コロナウイルスの影響で生産者が苦労していることが分かった。県産食材を買って少しでも力になりたい」

このようなメッセージが寄せられた時には「伝えたかったことがきちんと届いているんだ」と

アナウンサー歴1年にもならない若輩者ながら「やりがい」を感じて、嬉しい気持ちになりました。

 

振り返ってみると、視聴者のみなさんに支えられた8か月間だったなと思います。

本当にありがとうございました。

来年はもっと成長した姿をお見せしますので、どうぞよろしくお願いします!

 
2020/12 18

興味のアンテナ

高橋 智也

 

12月も残すところあと13日。

アナウンサーになっていろんな経験をさせてもらえたおかげか

「あっという間に過ぎ去っていった」というよりも「長かった」ように感じます。

来年はもっと興味のアンテナを張って、いろんなことを学んでいきたいです。

 

そう、この子のように…

tomoyablog20201218-1

 

tomoyablog20201218-2

 

tomoyablog20201218-3

 

tomoyablog20201218-4

 

我が家のアイドル大福くんです(2回目の登場)。

写真を撮ろうとカメラを近づけたところ、ものすごい勢いで起き上がり近づいてきました。

最後はフレームアウトするほど、カメラに興味津々のご様子。

フレームアウトしてはいけませんが、私も彼を見習って、もっと前のめりに頑張りたいと思います。

 
2020/12 11

雪やこんこ♪

高橋 智也

 

12月に入ってからは、日に日に寒さが増しているように感じます。

先日、昼のニュース原稿の中で気になる文章がありました。

「来週は市街地でも雪の積もる恐れがあります」

ついに、雪が“積もる”そうなんです。

気象情報もそうですが、最新の道路情報にも十分注意しましょうね。

 

さて、秋田テレビでは一足早く「積雪」が確認されましたよ。

tomoyablog20201211-1

 

社内の観葉植物に、余った「ガーゼ」を雪に見立てて作ってみました。

 

しかし、写真で見ると本当に出来が悪いですね(笑)

雪ってどんなふうに積もるかなと想像力を働かせて制作したのですが

「横を通ると服についてしまう」「カエルの卵に見える」といった感想が寄せられるなど、あまり評判はよくありません…

 

雪が積もったら、どんなふうに積もっているのかをよく観察したいと思います!

 
2020/12 04

プラス13

高橋 智也

 

ついに12月に入りました。

気温もぐっと下がり、本格的な冬に突入したように感じます。

もともとインドアな私にとって、この寒さが外出をためらう決定打となりつつあります。

 

こんなことを考えていた矢先、秋田市のアルヴェで行われた「サイエンスフェスティバル」の取材に行ってきました。

(取材中だったので、このような写真しか撮影できませんでした…)

tomoyablog20201204-1

 

「科学をもっと身近に」という目的で毎年開かれているイベントですが

来年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックにちなんで

今回は「スポーツと科学の関わり」がテーマになっています。

 

このイベントで用意されていたものが、とても興味深かったので紹介します。

例えば「2m走」の機械です。

この機械、なんと2mの距離を走るだけで100m走のタイムを計ることができるのです。

しかも、そのタイムがかなり正確なことに驚きました。

 

ほかにも気になったものがあります。

tomoyablog20201204-2

 

こちらは動体視力を計ることのできる機械です。

パソコン画面でゲームを楽しみながら計測できるので、子どもでも楽しめます。

 

さらには、球速を計ることのできる「スピードガン」もありました。

子どもだけではなく大人も記録更新を目指して、繰り返し投球している姿がありました。

 

 

ここだけの話ですが、実は私、高校を卒業してから13kgも太りまして…

この取材を通して、そろそろ体を動かさなければならないなと“危機感”を覚えました。

 
2020/11 27

キラキラ

高橋 智也

 

まもなく12月に突入しますね。

ここ数日は朝晩ともに、体の表面ではなく芯が冷えるような寒さですね。

そんな寒い夜に映える秋田テレビのイルミネーションをご覧に入れましょう。

tomoyablog20201127-1

 

tomoyablog20201127-3

 

いかがですか、煌びやかで美しいですよね。

 

そんなイルミネーションを横目に、新たなテレビCMを撮影しました。

tomoyablog20201127-2

 

「新型コロナウイルスに関連したいじめ・差別 STOP!!」冬バージョンです。

大変な時期だからこそ、「思いやりの心」を忘れずに接しましょう。

そしてこれ以上感染を広げないよう、感染予防に努めましょう。

 
2020/11 20

全国の食卓に笑顔の花を♪

高橋 智也

 

秋田テレビの玄関前では、ことしもイルミネーションの準備が始まりました。

社内には早くもクリスマスツリーが飾られて、すでに年末の雰囲気が漂っています。

イルミネーションが点灯したら、改めて写真でご紹介したいと思います。

 

 

さて今週は、待ちに待った一大イベントがありましたね。

そう、秋田米の新品種「秋系821」のネーミング発表です。

 

「JAみどりの広場」では、パブリックビューイング会場に行ってきました。

tomoyablog20201120-1

 

名称発表の午後1時を前に、続々と県民が足を運びます。

会場に集まった人たちが固唾を飲んで見守るなか、ついにその瞬間が…

 

「秋系821」の名称は、「サキホコレ」に決まりました!

 

最終候補6案の中で私が予想していたものではなかったのですが…

「稲には盛夏のわずかな時期に小さな花が咲き、稲の花が咲き誇った年は豊作となる。

出来秋を迎える秋田の情景を想像させる名称で、郷里への誇りを感じる」

佐竹知事の説明を聞くと、サキホコレが選ばれた理由に納得でしたね。

 

5文字というのは語呂もいいですし、米どころ秋田の“自負”のようなものを感じます。

「サキホコレ」の「サキ」には、「咲く」「先」の意味が込められているのだと思います。

これから秋田の新たな顔として、たくさんの人に愛されるお米になってほしいですね。

私も番組を通して、「サキホコレ」の魅力を発信していきたいと思います。

 

市場デビューは再来年ですが、期待は膨らむばかりです。

日本全国の食卓に笑顔の花が咲き誇りますように♪

 
2020/11 13

初雪観測

高橋 智也

 

ついに秋田市でも初雪が観測されました。

冬に突入しましたね~。

 

秋田市仁別へ取材に行った際、雪の写真を撮影してきました。

tomoyablog20201113-1

 

降ってくる雪を写すのは少し難しいのですが、写真の奥をご覧ください。

芝生の斜面が真っ白になっているのがわかると思います。

紅葉で真っ赤に染まった大平山の木々にも雪が積もっていて、色のコントラストがとてもきれいでした。

 

さて、秋田市で初雪が観測される3日前、気になる形の雲を見つけました。

tomoyablog20201113-2

 

みなさんはこの雲、「うろこ雲」「ひつじ雲」どちらか分かりますか?

気象予報士の高橋亜弓さんに写真を見てもらったのですが

実はこの2つの雲、写真だけでは気象予報士でも区別するのが難しいそうです。

 

でも、写真をよ~く見てください。

上空一面に小さく広がる雲と、その下に浮かぶ大きな雲が見えますよね。

この2つの雲の“高さ”が違うということがポイントです。

 

うろこ雲は巻積雲の一種で、はるか上空でみられる雲です。

一方のひつじ雲は高積雲の一種で、巻積雲よりも低い位置でみられます。

ということで、この雲は上空で見られる「うろこ雲」でした。

 

うーん、なんだかわかりにくいな…と思ったそこのあなた!

高橋亜弓さんが簡単に見分ける方法を教えてくれました。

それは「空に向かって腕を伸ばす」という方法です。

腕を伸ばして人差し指に隠れる=うろこ雲、なのだそうです。

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

空って、季節ごとにいろんな表情を見せてくれますよね。

寒さは苦手ですが、冬の空を観察するのは楽しみです♪