毎週土曜日11時から放送の「JAみどりの広場」の情報や裏話をブログで綴っています。

JAみどりの広場
JAみどりの広場

最近の記事一覧

みどブロ☆の最新記事

2020/11 24

金農米

高橋 智也

 

先週の放送をご覧いただきありがとうございました。

JAあきた北のリンゴを紹介しました。

リンゴを使った生姜焼きにリンゴサラダ、リンゴヨーグルトの3品はどれもおいしそうでしたよ。

加藤アナが新鮮なリンゴをかじったときに聞こえた「シャクッ」という音もたまりませんね。

 

さらに、スタジオに金足農業高校の生徒に来てもらい

みなさんが育てた「金農米」の販売について教えていただきました。

midoblo20201124-1

 

パッケージからも伝わってくるように、米への愛情や県民へのエールが込められた素晴らしいお米です。

数量限定ですので、みなさんお早めにお買い求めください!

 

ちなみに、JA全農あきたの大坂さんが椅子から落ちそうになったのは

高校生の緊張をほぐそうと“あえて”やってくださったそうですよ。

おかげで私の緊張もほぐれました(笑)

 

 

さて今週は、今月県内で起きた農業に関する話題を振り返る「月刊ニュースまるかじり」をお送りします。

最盛期を迎えたリンゴの話題や、来年度産米の生産目安が大幅に削減されたニュース、

そして何よりも新品種米「サキホコレ」についてコメンテーターの安田さんに詳しく伺いますよ。

ぜひご覧ください!

 
2020/11 10

ちょっ「蔵」町歩き♪

高橋 智也

 

先週の放送をご覧いただきありがとうございました。、

白神ねぎを使った「ネギ豚ロール」と「ネギソース」をご紹介しました。

「冬×ネギ=鍋」というイメージがありましたが、ほかにも楽しみ方はたくさんあります。

いろんな料理でネギを味わい尽くしたいです!

 

また、先週のプレゼントは県オリジナルリンゴ「秋田紅あかり」でした。

midoblo20201110-1

 

ザ・リンゴといわんばかりの真っ赤な色合いと星のように見える斑点が特徴です。

見た目もさることながら味も格別で、とても甘くておいしかったです。

みなさんもぜひ食べてみてくださいね。

 

さて今週の「ちょっとそこまで」は、横手市増田町で蔵めぐりの様子をお伝えします。

midoblo20201110-2

 

「蔵しっくロード」と呼ばれるこの町並みは趣深くて、ただ見学するだけでも十分楽しむことができます。

しかし、一番の魅力は“地域の方とのふれあい”でした。

みなさんの解説を聞きながら見て回ると、当時の暮らしの様子が分かってより楽しめますよ。

この日も、見るもの・知ることが初めて尽くしの1日でした。

今週の放送もお楽しみに!

 
2020/11 03

農業の祭典

高橋 智也

 

先週の放送をご覧いただきありがとうございました。

農業の祭典「種苗交換会」についてお伝えしました。

midoblo20201103-1

 

今年で143回目となるこのイベント。

新型コロナウイルス感染防止対策として

農作物の出品点数を減らしたり入場制限をしたりと制約があったものの、

まずは無事開催することができてよかったです。

 

主会場となる横手体育館には、およそ1200点の農産物が展示されました。

なかでも横手市で開催ということもあり、「三冠王」を達成したシイタケが例年の2~3倍の出品数となりました。

ほかにも真っ赤に色づいたリンゴや、宝石のようなシャインマスカットなど

見た目もきれいでおいしそうな農産物がずらりと勢揃い。

よく見てみるとそれぞれ違いがあって、観察するだけでもとても楽しかったです。

 

また、協賛会場にはさまざまなブースが並びました。

第1会場の「よこてHAKKOランド」では、臭いものコーナーに立ち寄りました。

思わずのけ反ってしまうほどの強烈なにおい…なぜか“クセ”になるんです。

横手の発酵文化を楽しく学ぶことができました。

 

そして第2会場では、JA秋田ふるさと女性部の食堂に行ってきました。

midoblo20201103-2

 

この日は雨が降っていたこともあり、温かいおでんやうどんなどを求めて行列ができていました。

優しくてどこか懐かしくて、心も体も温まるメニューばかりでした。

 

会場に足を運んだのは今回が初めてでしたが

生産者のみなさんの努力の結晶がずらっと並ぶ出品展示はとても見ごたえがありました。

一緒に見て回った安田さんが

「どうやったらこうなるのだろう」「こんな農産物を作りたいな」と話していましたが

このような生産者の皆さんの飽くなき向上心のおかげで、私たち消費者がおいしい農産物を食べることができているのですよね。

秋田県にとって農業は、切っても切り離せないもの、なくてはならないものだと改めて感じました。

来年の種苗交換会も楽しみです♪

 

 

さて今週は、「旬 The Cooking」と「てれび保健室」です。

「旬The Cooking」は、白神ねぎを使った絶品おかずをご紹介。

「てれび保健室」は、全身麻酔についてお伝えします。

今週もぜひご覧ください!

 
2020/10 28

今週は…

加藤 未来

 

秋田県種苗交換会が横手市で開幕します!!

 

ことしは新型コロナウイルスの感染防止のために

規模を縮小しての開催となりますが、

会場では生産者が丹精込めて育てた農作物が展示されます。

 

 

また、JA女性部がおいしい料理を提供する食堂も開かれます。

 

 

今週の番組では、種苗交換会の見どころをコメンテーターの安田さんと

一緒に紹介していきます。

 

 

みなさんもこの機会に横手を堪能しましょう!!!

 

 

ぜひご覧ください。

 
2020/10 20

収穫の秋

加藤 未来

 

いつも番組をご覧いただき、ありがとうございます。

先週の放送ではJA秋田ふるさとのシャインマスカットと山内いものこをご紹介しました。

どちらも旬の時期にぜっっったいに食べたい素晴らしい秋の味覚です。

 

midoblo20201020-2

 

シャインマスカットは何個でも何房でも食べたくなる味。

みんなきっと好きなはずです。

 

そして、

山内いものこ部会の高橋 廣子さん(左)と 田代 テルさん(右)です。

midoblo20201020-1

 

お二人はいとこなんですよ!

小さいころからの仲良しだということで、私も混ぜてもらって和気あいあいと

撮影させていただきました。

 

実は田代さんには、私が入社1、2年目くらいのときに夕方のニュースの中継で

お世話になっていて、数年ぶりの再会でした。

そのときにいただいた山内いものこの炊き込みご飯の味が忘れられず

お会いしたときに当時の感動を熱弁してきました。笑

 

また、生産者のみなさんに会いに山内に行こうと強く思った1日でした。

 

今週は県JA青年部協議会 参与の安田さんと一緒に

今月のニュースを振り返ります。

ぜひご覧くださいね。

 

 
2020/10 13

秋の味覚が登場!

高橋 智也

 

先週の放送をご覧いただきありがとうございました。

仙北市でのぶらり旅は、ありとあらゆる秋を満喫してきました。

7回目にして初めて「トランペットの演奏がない」という回でしたが、いかがでしたか?

悔しいことに私自身、収録をしていて何の違和感もありませんでした…

かえってみなさん、安心してご覧になれたのではないでしょうか(笑)

 

さて先週は、スタジオに2つのグルメが並びました。

1つは、県内初のプリン専門店「あきたプリン亭」の“なめらかプリン”と“武家屋敷プリン”です。

midoblo20201013-1

 

濃厚でなめらかで、そのまま飲むことができるのではないかというほどトロットロでした♪

 

そしてもう1つ、先週のプレゼントがこちら。

midoblo20201013-2

 

いよいよ新米の季節がやってきました~。

秋田の新米は「おかずがいらない」と言われるほどの美味しさですよね。

この時期は体重が増えること必至です、仕方がありません(笑)

 

 

さて今週は、県内の生産現場を訪ねる「がんばってます」をお送りします。

「シャインマスカット」、そして「いものこ」を紹介しますよ。

まだまだ秋の味覚が登場します、ぜひご覧ください!

 
2020/10 06

秋といえば…

高橋 智也

 

先週の放送をご覧いただきありがとうございました。

秋の味覚である「ピーマン」「鮭」を使った「新米」がすすむ絶品料理を紹介しました。

切り方ひとつで、香りの立ち方や火の通るスピードも変わるんですね。

「繊維を断ち切るように横に切る」のがポイントですよ♪

 

今月のアレンジメントフラワーは「リンドウ」でした。

midoblo20201006-1

 

夏の花という印象が強いリンドウですが、実は県内では11月ごろまで生産されています。

秋が深まるとともに深みのある色合いになるリンドウは、見ているだけで心が穏やかになります。

ぜひお部屋に飾ってみてください。

 

そして先週のプレゼント、県オリジナル品種「秋泉」です。

midoblo20201006-2

 

重さ約500gもある大きさばかり目立ちますが、糖度や食味にもこだわって厳選しています。

「このナシ、アリ」のキャッチフレーズでおなじみの秋泉を、ぜひ味わってみてください。

 

 

さて今週の「ちょっとそこまで」は仙北市をぶらり。

抱返り渓谷と角館の武家屋敷通りで“小さい秋”を見つけてきました。

midoblo20201006-3

 

midoblo20201006-4

 

秋といえば…で思いつくものをとにかく満喫した旅でした。

お楽しみに~!

 
2020/09 29

黄金色の秋の田

高橋 智也

 

先週の放送をご覧いただきありがとうございました。

番組では、安田さんの田んぼの稲刈りの様子をお伝えしました。

midoblo20200929-1

 

midoblo20200929-2

 

黄金色の田んぼをきちんと目に焼き付けてきましたよ~。

この日は少し雲がかかっていましたが、その切れ間から日が差したときに稲穂がキラキラ輝いて素敵でした。

 

実は撮影後、コンバインに乗せていただきました。

想像以上にスムーズに移動しましたし、操作もシンプルで扱いやすかったです。

(といっても「稲刈り後の何もない田んぼの上」を運転したのですが(笑))

農業従事者の高齢化や担い手不足が叫ばれている昨今ですが

このような「農業に触れる機会」がもっと増えたらいいな、

そして農業がもっと身近になればいいなと思いました。

私もまたいつか安田さんの田んぼにお邪魔して、農業機械の操縦を本格的に教わりたいです。

 

 

さて今週は「旬 The Cooking」と「てれび保健室」をお送りします。

「旬 The Cooking」では「ピーマンと秋鮭の黒酢南蛮漬け」をご紹介します。

食欲の秋にぴったり!ご飯がどんどん進む絶品おかずですよ。

「てれび保健室」は、国内で年間1万人が罹患している「子宮頸がん」を予防するワクチンについてお話を聞いてきました。

ぜひご覧ください!

 
2020/09 23

アリ?ナシ?

高橋 智也

 

先週の放送をご覧いただきありがとうございました。

放送日(9月19日)は秋の彼岸入りということで、スタジオには輪菊を使ったアレンジメントを用意しました。

midoblo20200923-1

 

輪菊には紅や白などの色もありますが、黄色は特に鮮やかですよね。

清楚で気品のあるイメージに加え、花持ちがよく扱いやすいことから

葬儀や仏花として祭壇を飾るのに欠かせないお花です。

みなさんも輪菊を供えてみてはいかがでしょうか。

 

そしてプレゼントは、JA秋田なまはげの「ナシ」です。

谷アナが一緒に映ってくださいましたよ(笑)

midoblo20200923-2

 

先週の枝豆に続き、秋の味覚が続々登場しています。

料理では「ナシと豚ロースのカラメル添え」「ナシとミニトマトのピクルス」を紹介しました。

特に「ナシと豚ロースのカラメル添え」は、火を通すことでナシがおかずになるという新たな可能性を発見することができました。

私も挑戦してみます。どんな味になるのか楽しみです!

 

 

さて今週は「月刊ニュースまるかじり」をお送りします。

番組コメンテーターの安田さんと一緒に

『「秋系821」のネーミング最終候補6案』や『あきたこまちの概算金下落』など気になるニュースを掘り下げていきます。

ぜひご覧ください!

 
2020/09 15

秋の味覚が続々と♪

高橋 智也

 

先週の放送をご覧いただきありがとうございました。

田んぼの稲の色が変わり、日ごとに秋めいてきました。

もうすぐおいしい新米の季節がやってきますよ~

 

コメといえば、秋田米の新品種「秋系821」の名称の最終候補6案が公表されましたね。

midoblo20200915-1

 

25万をこえる応募の中から、次の6つに絞り込まれました。

・秋うらら

・あきてらす

・秋の八二一(はちにいいち)

・稲王(いなおう)

・サキホコレ

・べっぴん小雪(こゆき)

来月中旬に知事が最終決定し、11月中旬に発表される予定です。

「秋系821」の名称案については、来週の「月刊ニュースまるかじり」で改めてお伝えします。

番組コメンテーターの安田さんがどの名称を選ぶのかも気になりますね。

 

そしてプレゼントは、JA秋田おばこの枝豆「あきたほのか」です。

midoblo20200915-2

 

夏はもちろん、秋田の枝豆は秋も美味しいですよね。

サヤが大きいので、見た目が美しく食べ応えもありそうです。

続々と登場する秋の味覚、わくわくしますね~

 

さて今週は、県内の生産者や旬の農産物を紹介する「がんばってます」をお送ります。

今回は、甘くてみずみずしい「ナシ」を紹介します。

ぜひご覧ください!