7月28日(土)午後3時~放送 Vol.2『鈴木空如』

 

大仙市太田町で生まれた仏画家・鈴木空如(1873-1946)は、12面におよぶ法隆寺金堂壁画のすべてを3度も原寸大で模写したのを始め、

全国の寺院で国宝級の仏画を模写。

 

jinbutsu20180728-8

jinbutsu20180728-1

jinbutsu20180728-9

 

5000点を超す仏画を描いた。残された作品は、今後の研究対象として未知の可能性を秘めているという。

残された作品は、今後の研究対象として未知の可能性を秘めているという。

 

jinbutsu20180728-2

jinbutsu20180728-3

jinbutsu20180728-4

 

番組では、奈良・法隆寺に空如の足跡を辿るとともに、今も大仙市に様々な形で刻まれている空如の功績を紹介する。

 

jinbutsu20180728-6

jinbutsu20180728-7

jinbutsu20180728-5

 

ナレーション 塩田 耕一

 

出演 大野 玄妙 法隆寺管長

    有賀 祥隆 東京藝術大学 客員教授

 

 

  • ※放送日時・内容は変更・休止になる場合があります。

△