2013年5月25日(土)15:00~放送 Vol.1『佐藤義亮』 (放送は終了しました)

佐藤義亮は明治11年2月18日、秋田県角館町(現・仙北市)岩瀬町で荒物屋を営む為吉・とく夫妻の四男として生まれた。

商売下手だが本好きだった父の影響で幼い頃から書物に親しみ、また向学心も育んでいく。

秋田師範学校入学準備のために入った責善学舎時代、文学で身を立てることを夢見た義亮は家出同然で上京を果たす。

20130525-1

秀英舎(現・大日本印刷株式会社)の職工として働いていたある日、雑誌で義亮の投稿文を読んだ支配人は

義亮を校正係に抜擢する。

このことをきっかけに出版事業へ夢を広げはじめた義亮は明治29年7月10日、菊判41ページ、定価5銭の「新声」を創刊、

800部を完売させる。

「良心に背く出版は、殺されてもせぬ事」を銘とし、弱冠18歳で出版事業への道を切り開き、のちに文芸出版の名門となる

「新潮社」を創業した佐藤義亮の情熱に迫る。

 

ゲストコメンテーター:高橋 秀晴(秋田県立大学教授)

 

△