映画、テレビなど幅広く活躍中の俳優の永島敏行さんが、秋田の農業の元気、頑張り、すばらしさを様々な視点から紹介する。

2017年9月30日(土)

仙北市西木町で米作りに取り組む鈴木 彰吾さん(28歳)。

秋田県立大学のアグリビジネス学科を卒業後、『自立した生計』を築くべく県内のスーパーに就職、そして結婚。

しかし、仕事に流される日々の中で現状に疑問を持って一念発起、実家を継いで専業農家になると決めました。

banzai20170930-3
banzai20170930-1

実家はこの地で代々米作りを中心にする農家です。

彰吾さんも幼い頃から祖父や父の仕事ぶりを見て「いずれは実家を継ぐのだろう。」という思いは持っていたと言います。

父親は役所に勤める兼業農家。そして、専業を目指す息子。

共に、この地で豊かに暮らすために、そしてそれぞれの家庭を守るために、農業を営むその思いとは・・・。

banzai20170930-2
banzai20170930-4

秋田名物ZAKK ZAKは、横手市増田町の「くらを」から。

増田に伝わる米麹を使った心温まる料理と、伝統の蔵で過ごすゆったりとしたひとときを紹介する!

 

  • △